bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer公式サイトはこちら!

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月9日に設立したビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。

 

日本でも最大規模の取引所で、ユーザー数・取引量共に最多級です。取引所の中で最初にCM放送を行ったり、代表の加納裕三氏が日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めたりと、仮想通貨取引所の中でも知名度・影響力が高い取引所となっています。

 

取引所としてのサービス期間が他の取引所と比べて長いことや、大手企業からの出資を受けていたりテレビCMを放送していることなどからビットフライヤーを利用している人が多いのでしょう。

 

最高強度のベリサイン次世代暗号を用い、ビットコイン保管に最高のセキュリティ環境を用意しているのを強みとしています。

 

売買や保管だけでなく、増やしたり貰ったり使ったりするサービスも豊富で利用価値の高い取引所です。

 

イーサリウムの取引もbitFlyer Lightningで可能となりました。
アカウントクラス(会員種別)が数多くあり、クラスによって利用できるサービスが違ってきます。

 

アカウントクラス上位になるほど本人確認資料が多く必要になり、利用できるサービスの量や質も変わってきます。


bitFlyerには多くの大企業が出資しているので安心

ビットフライヤー(bitFlyer)は取引所としての機能だけではなく販売所機能も持ち合わせた仮想通貨取引所となっています。

 

セキュリティに関してはコールドウォレットやマルチシグネチャウォレット、2段階認証ログインと仮想通貨界で最先端のセキュリティを確保しています。

 

ビットフライヤーの手数料は他の取引所と比較しても全体的に低い傾向にあります。
入金手数料や出金手数料は他社と比べて同じくらいか若干低い場合もあります。

 

同じ仮想通貨を売買するのであれば手数料は低い方が良いので、手数料面を見るとビットフライヤーは優良な取引所だと言えるでしょう。

 

取扱通貨は他社販売所と比べると少ないですが、ビットコイン取引をメインに考えている人にはビットフライヤーが一番おすすめできます。

 

取引量が多いほど仮想通貨の価格は安定するので、他の取引所と比べると大幅な変動は少ないでしょう。

 

また、取引量が多ければ自分の仮想通貨を売りたい時や新しく仮想通貨を買いたい時に希望の価格で売り買いをすることが出来るのがメリットといえるでしょう。

 

ビットフライヤーの口座をすぐに作りたい場合は以下のリンクから3分で口座開設することができます。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像